税理士法人プロテクトスタンスTOP > よくあるご質問 > スポーツ税務顧問 > プロスポーツ選手が支払うべき税金、支払わなくていい税金について簡単に教えてください。

プロスポーツ選手が支払うべき税金、支払わなくていい税金について簡単に教えてください。

スポーツ税務顧問 2022.06.01

サッカー選手(Jリーガー)やプロ野球選手(NPB選手)など、チームとプロ契約を締結しているスポーツ選手やプロゴルファーなどは、その多くが個人事業主のため、自分で確定申告を行い、税金を納めなければなりません。

その税金の内訳は、収入に応じて
・所得税
・住民税
・消費税(所得が1000万円以上の場合)
となっています。

なお、勘違いされている方もいらっしゃいますが、プロスポーツ選手は自身で別の事業(法定業種)でも営んでいない限り、個人事業税は非課税となっています。

お問い合わせ

CONTACT
TOPへ戻る